潰せるペットボトル

潰せるペットボトル

昨日、テレビの笑っていいともで、コカコーラボトラーズの社員の人が出ていました。 開発担当の様だが「いろはす」と言うペットボトルの製作です。 確かに、いろはすのペットボトルは簡単につぶせます。 女性の力でも驚くほどグチャグチャになります。 今までのペットボトルは、足で潰さないとダメでした。 これにより、かなりのゴミの量は減りました。 ただしこれは水だから使えるボトルなのだろうか…。 コーラがメインのこの会社、コカコーラの様な炭酸には使えるのだろうかと思います。

ファッションの移り変わり

よくファッションは時代を繰り返すと言います。 それは、本当にその通りだと感じる事がかなりあります。 冬に母が20年以上前に買ったセーターがクローゼットの奥から出てきました。 でも、そのセーターは全く古めかしい感じはなく、むしろ時代の最先端をいっているかのようなデザインでした。 母は、それを処分するような事を言っていたけど、私が着たいので譲ってもらう事にしました。 着てみると、現在ショップで売られているデザインと変わらないので融和感なく着る事が出来ました。

気になるママさん

先日電車に乗った時に、気になる話し方のママさんがいました。 ご主人と2歳くらいの子供と一緒だったのですが、ご主人はなにもしゃべらず、一人でボーっとしていました。 「けんかしてるの?」くらい、距離感がありました。 まぁそれは良いんですが…。 そのママが子供に話しかけているのですが、「ほら、電車さんだよ〜」「あ、お花さんがきれいだね〜」「おイスさん、柔らかいね」…全部「さん」付け?! たまにありますが、全てが全て、「さん」付けって、聞いててちょっとイラっとしてしまいました。 子供はまだ話せないので「あー」とか「うわー」とか位しか反応せず、ご主人は他人事のようです。 あー、一生懸命なのかな〜、それとも天然な人なのかな〜。 家で孤独なのかしら、などと想像しながら、最後には「なんだか分からないけど頑張れ!」と思ってしまいました。

マスカラで目元美人になりたいけれど

時折、マスカラに挑戦するのですが、あまり理想のまつ毛になりません。 まつ毛の長い友人がいるのですが、つけまつ毛も使わず、ビューラーも使わず、立派なまつ毛をマスカラ1本で仕上げているので、見習って挑戦するのですが、私の短いまつ毛では、マスカラの効果はあまり出ません。 その上、気が付くとパンダ目になっています。 絶対パンダ目にならないと宣伝されているマスカラでもパンダ目になるので、私のまつ毛はマスカラとは相性が悪いようです。 短いまつ毛でも、美しい目元になるメイク方法が、どこかにないかなぁと思います。

このページの先頭へ戻る